SI解析
DDR3,USB3.0,高速AD/DAのような高速伝送路を含むインターフェイスでは、信号品質(SI : Signal Integrity)をいかに確保するかが重要です。
コスモリサーチでは、高精度なアナログシミュレータADS(Advanced Design System KYESIGHT TECHNOLOGIES社製)を使用し、周辺回路のレイアウトやFPGAのピン配置を最適化し、インピーダンスマッチングや等長配線を管理。クロストークの低減等、ボードシステムのレイアウト 最適化により製品の安定動作を実現しております。
DDR3-1600 SI解析例
3Dプレーナ電磁界解析用にDDR3レアウト部を抽出。
DDR3レアウト部
データライン(DQ)のアイパターンです。
アイが潰れず良好に伝送できることを確認します。
データラインのアイパターン
DQSに対するDQのセットアップ&ホールドのマージンやジッタ量(DDR3-1600)を確認します。
セットアップ&ホールドのマージンやジッタ量
DQS[1:0]およびCKの差動信号の通過特性です。
差動信号の通過特性
全データライン(DQ[15:0])の通過特性です。
DDR3-1600のため800MHzまで通過特性に著しく暴れが無いことを確認します。
全データラインの通過特性
全データラインの通過特性
フライバイ構成のメモリシステムも対応実績がございます。