コスモリサーチは、高速基板の安定動作にSI解析を活用しています。

SI解析

DQSに対するDQのセットアップ&ホールドのマージンやジッタ量(DDR3-1600)を確認します。

DQS[1:0]およびCKの差動信号の通過特性です。


全データライン(DQ[15:0])の通過特性です。

DDR3-1600のため800MHzまで通過特性に著しく暴れが無いことを確認します。






フライバイ構成のメモリシステムも対応実績がございます。

ページの先頭へ